キャッシング 選び方

MENU

キャッシングの選び方

便利さを求めるならキャッシング

お金が足りない、こんな時にはキャッシングを利用するのが最適です。キャッシングは、カードを使ってATMから行う方法や、自分の銀行口座に振り込みを受ける方法などが代表的です。キャッシングができる金融商品を取り扱っている所もたくさんあります。

 

一つあるいは複数の方法を準備しておくことで、もしもの時にもすぐに対応できるでしょう。キャッシングができるのは、銀行カードローン、消費者金融のカードローン、信販会社のローンカード、クレジットカードなど実に多様です。手間をかけずにすぐに借りる方法を見つけたい、こんな方法ならキャッシングが最適です。

 

キャッシングを利用する方によって、便利だと感じる方法は違っています。自分にとって一番便利な方法を見つけること、これがキャッシングなら可能になります。

 

便利なキャッシングとは?

自分にとっての最適キャッシングを見つけるためには、便利だと思う利用方法があるものを選ぶ事が大切です。しかしキャッシングをしたことがなければ、今一つ何が一番便利なのか分かりにくいと思ってしまいますね。

 

まず、自分がどんなタイミングでキャッシングをしたくなることが多いのか、どうやって実際に借りると負担がないのかといったことを考えてみましょう。とにかく急いでいるのなら、お金が必要な時に間に合わせないといけません。すばやく申し込みや契約の手続きが済ませられるキャッシングが最適ということになります。

 

金利だけ、限度額だけを見てキャッシングを選ぶ、すでにクレジットカードを持っているからキャッシングしてしまう、こういった方法も確かにありますが、一番便利ではないかもしれないということは頭に入れておきましょう

 

キャッシングの選び方

時間がなくて、今クレジットカードを持っているからとにかくキャッシングしてしまおうというケースを除いては、やはりキャッシング商品を比較して選びたいですね。金利の低さ、限度額の大きさ(これは双方関連しあっていることが多いです。)、便利にキャッシングできるか、返済の手間がかからないかなどが比較の中心となるでしょう。

 

キャッシングできるATMの場所なども、自分が借りたいシーンによっては重要な点になってきます。それによって申し込み先が変わってくることもあるほどですから、時間の許す限りはしっかりと比較して選びましょう。できるだけたくさんのキャッシング商品を比べたほうが、最適のものも見つけやすくなるでしょう。

 

また、具体的に自分がキャッシングしているシーンも思い浮かべるべきです。
参考サイト…http://xn--t8j6cm0if4b2164bc3zg.com/

 

思い込みは取り除いて探したほうがよい

キャッシングを取り扱っている金融機関に対して、「銀行は審査が厳しい。」「消費者金融は怖い。」「クレジットカードでキャッシングしたら金利は高いはず。」などと決めつけないほうがよいでしょう。キャッシングができる個人向けの金融商品は、各社商品自体やサービスの充実を図っています。

 

必ず自分が使いやすく安心して申し込みできるところが見つかります。銀行のカードローンでは、審査時間が短いものも多く登場しています。消費者金融は貸金業法によって、利用者のメリットが最大となるように変化しています。

 

クレジットカードなどもゴールドカードを利用する方が増えていますが、キャッシング面でも優遇のある商品も増えています。まずは自分がどのようなキャッシングをしたいのか、これを考えてからどこに申し込みをするのかを決める、これで自分にピッタリのキャッシングを探しやすくなるでしょう。

気になる利息とは?

キャッシングで一番気になるのは「利息」ですよね。利息、金利という言葉はよく見ていても、実際に計算したこともなければ、どうやって計算するのかもよくわからないということがあります。パーセント表記となっているため「とにかく数字が少なければOK!」といった見方をしていないでしょうか。

 

・どのような利息計算になっているのかを把握する

15%という金利を見て、すぐに支払う利息が分かるというわけではありません。この15%というのは年利表記と思ってよいでしょう。この場合の利息を計算する方法は、借入残高×金利÷365日(366日)×利用した日数となります。

 

たとえば5万円を1週間この金利で利用したとしましょう。50,000×0.15÷365×7=143円(小数点以下切り捨て)となります。具体的な金額を知ってみると、キャッシングの利息は意外と低いものであることが分かります。

 

・金利の幅に注意する

金利15%と書かれているキャッシングもあれば、金利4.5%〜18.0%と書かれているものもあります。15%と一つの金利が書いてある場合なら、いくら借りても同じ15%の金利がどなたにも適用されると思ってよいでしょう。

 

しかし、4.5%〜18.0%と書かれていれば、これを金利の幅と呼びますが、金利に幅があれば自分にどの金利が適用されるのかは申し込んでみないと分からないのです。多くのキャッシングでは限度額が大きくなれば金利が低くなります。

 

しかし、申し込みをした時点ではきちんと返済するかどうかが分からないので、金利は最高金利からスタートすることが多くなります。審査の結果が出た時点で、金利や限度額も分かります。

 

・金利が低ければそれでよい?

キャッシング利用時には、利息だけを支払うと思ってしまいがちですが、そうではありません。ATMでキャッシングをすれば、利用手数料がかかる場合もあります。返済でもATMなら手数料がかかる場合もあり、毎月のこととなると意外とコストがかかります。

 

振り込みキャッシングなら手数料がかからないケースが多いです。

 

しかし、自分の銀行口座からお金を引き出す場合も、時間外なら手数料がかかってしまいますね。利息が少ないから必ずしもかかる費用が低いというわけではないのです。どうやって借りるのか、返済するのか、どんな時にキャッシングすることが多いのか、こういった点によって大きく違いが出てきます。金利だけではなく、利用方法などもきちんとチェックしておきましょう。

お得にキャッシングする

お得にキャッシングする方法はあるのでしょうか?ただ単に借りるだけではなく、少しでもお得に活用したいのなら、キャッシングの特徴を抑えて利用しましょう。

 

・ATM手数料に注目!

キャッシングする時に、ATMからサッと借りるという方法はやはり便利です。この際に、ATM利用手数料がかかることがあります。回数が多くなると、手数料はどうしても大きくなりますし、返済もATMを利用するならその分の手数料も必要になります。お得にキャッシングしたいなら、
「提携ATM手数料のかからないキャッシングを選んでおく。」
「手数料がかからないATMを選んでキャッシングする。」
「プロミスのようなポイントを貯めて、提携ATM手数料に充当できるようなキャッシング商品を選ぶ。」
といった方法を選びましょう。

 

・利用した日数分だけの利息という点を活かす

キャッシング商品は原則として、利用した日数分の利息を支払います。約定返済日は毎月、あるいは一定のサイクルとなっています。

 

しかし、約定返済日を待たずに、できるだけ早く返済してしまうことで、その分の利息を軽減することができます。随時返済といって、いつでも返済できるようになっているキャッシング商品を選んでおきましょう。また、随時返済の方法がたくさんあるキャッシングだと、とても便利です。1日でも早く返済することで、利息を減らすことができますので、これもお得にキャッシングする方法の一つでしょう。一括返済をしてしまう場合は、借入残高は毎日変わりますので、金額を確認しておくとよいですね。

 

とはいっても1,000円未満の借入残高には利息はかかりません。増えることはないので、そのままにしておいても特に問題はないのです。

 

・大きな限度額で申し込む

キャッシングは、限度額に応じた金利設定となることが多いです。限度額が大きくなると金利が低くなるというキャッシングがほとんどですから、できるだけ大きな限度額を設定することでお得な利用につながるケースもあります。

 

キャッシング商品では、限度額に応じた金利設定がサイトなどに表記されていることも多いです。希望限度額はできるだけ大きくして申し込むことで、低い金利で利用できることもあるでしょう。ただし、消費者金融等の貸金業者に申し込みをする時は、年収の3分の1までという総量規制の範囲内で申し込みしないといけません。

キャッシングとはこういうもの!

キャッシング、という言葉をよく聞いていても、実際にはどんなものが把握できてないこともあります。なんとなく「お金が借りられる。」「利息がつく。」といったことは分かっていても、キャッシングの具体的な部分はピンとこないということはありませんか。

 

キャッシングと一口に言っても、実際にキャッシングする方法は多様化しています。取り扱う金融機関も多く、それぞれがサービスを充実させているのです。カードを使ってキャッシングするということは同じでも、キャッシング専用カードを使うのか、銀行口座のキャッシュカードを使うのか、あるいはクレジットカードを使うのかといった違いがあります。

 

振り込みキャッシングという方法も、自分の銀行口座に必要な金額の振り込みを依頼してキャッシングするということは同じですが、インターネットを利用する、電話を利用するといったように使い方は増えています。

 

キャッシングの多様さは、利用者の便宜を図っているものですが、逆にそれによって選びにくいと感じる結果になってしまうこともあります。なぜかというと、それぞれのキャッシングの特徴を把握せずに、どれか一点だけを見る、あるいはキャッシング商品を取り扱っている金融機関の名前だけを見てしまう、といったことによってどれが使いやすいのかといった点は分からなくなってしまっているからです。

 

キャッシングがどういうものか、というのはキャッシングの一部分だけを見ていては失敗してしまいます。金利がとても低いのに、自分が借りる場合はATM手数料が必ずかかるとなると、金利は高くてもATM手数料がかからないキャッシングのほうが総支払額としては低くなる可能性も出てきます。キャッシングは便利さを追求するように作られている金融商品ですが、それが必ず自分が使いやすいとも限らないというのが迷う点です。

 

キャッシングは「お金を借りる」「ローン」というよりは、「お財布代わり」「銀行口座代わり」と考えるほうが利用方法としては近い場合が多いのです。また、まとまった金額を必要としている場合でも、限度額が大きなキャッシング商品が登場しているので対応できるようになっています。まずは自分の使い方、キャッシング計画ありきで探すようにしましょう。